義歯・入れ歯|DONデンタルクリニック|堺市南区御池台の歯医者

〒590-0134 大阪府堺市南区御池台2丁11-17
072-295-7911
WEB予約
ヘッダー画像

義歯・入れ歯

義歯・入れ歯|DONデンタルクリニック|堺市南区御池台の歯医者

入れ歯とは

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法の一つです。
残っている歯があり、それを支台にできる場合は部分入れ歯、全ての歯がなく支えるものがない場合は総入れ歯による治療となります。
入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話しにくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないように、お口の中の状態を正確に精査・診断し、歯科医師と相談しながら適切な入れ歯を選び、装着後も定期的にメンテナンスを受けることが大切です。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。 デメリットは、部分入れ歯であれば金具が見えて装着するのに抵抗があるなど、総入れ歯であれば欠けたり割れたりしやすいなどが挙げられます。

レジン床義歯

レジン床義歯

歯科用レジンで作ります。
保険診療のため治療費が安く、適用範囲も広くほとんどの症例に使用することが出来ます。
デメリットは、入れ歯を支える金具が目立つこと、総入れ歯であれば全てレジンでできているため強度を確保するため厚みをもたせることで使用時の異物感が出てしまうことなどが挙げられます。

保険診療ではない入れ歯

保険診療ではない入れ歯は、保険診療の入れ歯のデメリットを補うものとお考えください。自費診療になりますので費用は高くなります。

金属床義歯(総入れ歯)

金属床義歯(総入れ歯)

金属によって床を作りますので、保険の義歯よりも厚みを薄く作製することができ、熱も伝わりやすく、レジンの義歯よりもたわみにくいため割れにくくしっかり噛めます。 コバルトクロム、チタンなどの金属の種類があります。

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

金属ではなく樹脂で留め具を作製した入れ歯です。症例によっては、必要な部位に補強のため金属や、沈下防止の金属を付与して作製することができます。 ただし、樹脂の留め具は金属よりは割れたりしやすい欠点はありますが、見た目を重視する患者さんにはおすすめです。

マグネットデンチャー(残根上の総入れ歯、残根上部分入れ歯)

マグネットデンチャー(残根上の総入れ歯、残根上部分入れ歯)

これも金具が見えない入れ歯の一つです。 磁石を入れ歯側と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。残った歯を利用しますので噛みごたえも感じることができます。 欠点は、残っている歯の治療が必要であること、磁石の力が弱くなれば交換が必要となることなどが挙げられます。

アタッチメントデンチャー(部分入れ歯)

アタッチメントデンチャー(部分入れ歯)

これも金具が見えない入れ歯の一つです。 残っている歯に特殊な連結装置を組み込ませた被せを装着し、入れ歯側にも連結装置を組み込ませ、しっかりと連結させますので安定感に優れています。 欠点は、残っている歯の治療が必要であることなどが挙げられます。

インプラントオーバーデンチャー(総入れ歯)

インプラントオーバーデンチャー(総入れ歯)

超高齢化社会となり、下顎の総入れ歯では骨吸収が進行した難症例に遭遇することが多くなりました。どうしても吸着が得られない症例の場合には、インプラントと支えとした入れ歯を作製することもできます。 欠点としては、外科処置が必要であること、患者さんの骨状態や薬剤状況などにより処置ができないこともある、などが挙げられます。

入れ歯の調整・メンテナンス

今までに義歯を使用している、慣れている方は大丈夫かと思いますが、初めて入れ歯を入れる方は必ず納得いくまで調整に来てください。
「入れ歯だからこんなもん」「何度調整しても同じだからいい」「痛くなくなったからもう行かなくていい」「作ったのはいいが入れたくないから使わんとこ」など、ご自身の判断で決めるのは良くはありません。
私も、無理な要求に対してはできないものはできないと正直に応えますが、今までの臨床経験から、できる限りみなさまの要望には応える準備はしています。
入れ歯を支えている歯も、総入れ歯を支えている歯茎も、入れ歯を抱え込んでいる唇や頬や舌などの筋肉や粘膜も、悲しいことですが年々変化しますので、それによって少しずつ不具合は必ず現れます。歯が残っている方は定期的なメンテナンス時に、残っていない方でも2~3ヶ月に1回は点検に来ていただけたら、みなさんの入れ歯をお守りすることができると考えていますし、自分自身では気づかなかった不具合も早期であれば簡単な調整や修理で対応できます。